2017 Moto2 第08戦 オランダGP 決勝


天候:曇り 気温 16° 路面温度 23°

中上が出足は良かった気がするが
モルビデリ
更にルティが前に出てt1を
ルティ モルビデリ 中上の順にクリア
t3でオリベイラが中上を抜き
t4でモルビデリが1番手浮上
ルティがポジションを落とし
モルビデリ オリベイラ 中上 ルティ マルケス シメオン
の並びで1周めが終了

4周目
マルケスがルティを抜き4番手
後方ではコルシがマルティニを巻き添えに転倒
しその前方
オリベイラがモルビデリを抜き先頭に立ち
その次の周
中上とモルビデリが2番手争い
から マルケス パッシーニに抜かれ中上が5位に後退し
8周目
マルケスを抜き返し4番手にいた中上が
ストレートからt1の侵入で
オリベイラとモルビデリを抜き
前の周先頭に立ったパッシーニに続いて
2番手浮上 3番手にモルビデリ、オリベイラ ルティ マルケス シメオン
が先頭グループとなって
9周目
モルビデリの攻勢を抑えt15でパッシーニを抜き
中上がトップに
中上 パッシーニ モルビデリ ルティ オリベイラ マルケス
の並びで周回を重ねた
15周目
赤十字が振られると
モルビデリ ルティ マルケス オリベイラが
パッシーニを抜き樹陰にを上がると
18週目
t1でモルビデリが中上を抜き先頭に
t4で抜き返し中上が先頭に戻り
さらにルティがt15でモルビデリを抜き2位浮上
20周目
ルティと中上のポジション争いは
t16からの切り返しでパッシーニが前に立ち
21周め
この周 中上は
t1でモルビデリに抜かれると
更にt15でパッシーニに抜かれ4番手に
更に22周目に
t1でオリベイラに抜かれ5位に後退し
ルティ パッシーニ モルビデリ オリベイラ
中上 マルケスのトップグループで
23周め
モルビデリが2番手に立ち
パッシーニ オリベイラ 中上の並びで
ラストラップ
t8で中上がオリベイラを抜き4番手に
t9でモルビデリがルティを抜いて先頭に
立ち中盤

t15でパッシーニを中上が抜き3番手浮上
抜かれたパッシーニがt16をショートカットし
中上の前で戻りそのままゴールし

優勝はモルビデリ
2位にルティ パッシーニが3位
中上は4位

パルクフェルメに入る前に結果が出て
中上が3位表彰台となり
パッシーニは4位

パッシーニは抗議するが
23周めにもショートカットをしていたことが
判明

割り食ったのは
中上より5位になったオリベイラかも知れない
6位にマルケス シメオン シャリーン
クワッタラロー
バグナイアが10位

次戦 第09戦 ドイツGPは
今週末30日のMoto3 フリープラクティス1から
スタート
スポンサーサイト

2017 F1 第08戦 アゼルバイジャンGP 決勝 その1


長いので
分割です

天候:晴れ 気温 27°路面温度 51°湿度 53%

ハミルトン ボッタス ライコネン ヴェッテル
の順でスタート
ライコネンがヴェッテルにインに入られ逃げ場を失いつつ
t1に侵入
 ボッタスに接触
ボッタスは右フロントをパンクし
ライコネンは壁にマシンブツケ壊した様子
ボッタスはピットに入り1周遅れでピットアウト
ライコネンは
「マシンの調子が悪い」と
ハミルトン ヴェッテル ペレス フェルスタッペン ライコネン
マッサ オコンの並びとなり
周回を重ねる
6周目にリカルドがピットイン
ゴミを拾いブレーキダクトが塞がれ
緊急ピットインに
バンドールンもピットインを済ませる
8周目
パーマーがスロー走行
エスケープゾーンに入りストップ
アロンソがエリクソンを抜き12番手
11番手のクビアトとの争いにリカルドが混ざり
…クビアトがストップ
アロンソは11番手にポジションアップ

その前方
3番手のpレスを追いかけていた
フェルスタッペンが「パワーがない」
と訴え順位を落としながらも走り続ける
12周目
クビアトのマシン撤去のために
セーフティカーが入ることに
ハミルトン ヴェッテル ペレス マッサ ライコネン
オコン と一斉に
タイヤ交換
ボッタスも再びスーパーソフトに履き換え
フェルスタッペンはマシンをガレージに戻し
リタイア
ハミルトン ヴェッテル ペレス ライコネン マッサ
オコン ストロール ヒュルケンベルク マグヌッセン リカルド
アロンソ サインツ バンドールン エリクソン
の並びで
15周目
ボッタスが周回を戻すためにセーフティカーを抜き
加速
ボッタスがゴミを拾ってしまう
16周目
この周でセーフティカーが入る事が掲示され
飛ばしているボッタスから
タイヤが温まらないと無線が
17周目
ペレスが加速
ハミルトン ヴェッテル ペレス マッサ オコン
ライコネン ストロール ヒュルケンベルク
の並びに変わり再開されたレースは
ホームストレートで
ライコネンのマシンからパージボードが飛んだために
再びセーフティカーが入ることに
ピットレーンを通過して周回を重ねて走行
ホームストレートだけでなく
t15にもデプリがあると
ハミルトン
「セーフティカー早く走れ」
セーフティカーは19周終わりでピットイン
セーフティカー中に
ヴェッテルとハミルトンが接触していたらしい

コーナーの立ち上がりでブレーキを踏んだ
ハミルトンにぶつかったヴェッテルが
ハミルトンの横にでてマシンをぶつける抗議に

レースが再開され
20周目
ヴェッテルのマシンからパーツが飛ぶ
マッサ ペレスがヴェッテルに迫る
その後ろ t2−3で
ペレスにオコンが接触
落ちたデプリでライコネンが右リアをパンクさせ
ペレス オコン ライコネンが
ピットに向かう
コースには再び セーフティーカーが入ることになり
戻っていたライコネンのマシンは
フロア リアウィングも壊れ、ガレージに収まることに
ペレスもマシンをガレージに納めリタイア

コース上は
ハミルトン ヴェッテル マッサ ストロール リカルド
ヒュルケンベルク マグヌッセン アロンソ サインツ グロージャン
の並びとなり

赤旗が振られレースがストップ
ヴェッテルがノーズを交換
ペレスのマシンに続いて
ライコネンのマシンも修理を終えグリッドに着くことに

日本時間23時15分にレース再開が告知され
ペレスとライコネンが1周を周り最後尾につけ
セーフティーカーを先導に
23周めを周回、この周に
セーフティーカーはピットレーンへ
レース再開
リカルドが マッサ ストロールを抜き3番手に
25週目
マッサが次々に抜かれていき
ペレスも右フロントをt7の壁にぶつけ
レースを終えることに
マッサは26周目にピットにマシンを入れリタイア
ライコネン ペレスの修復作業は
ファストコース以外での作業ということで審議に

2017 F1 第08戦 アゼルバイジャンGP 決勝 その2

後半

29周目
ハミルトンのヘッドレストがきちんとロックされていなかった
らしく
浮き上がる
ハミルトンに走りながら直せと指示が飛び
チャレンジするもそうはうまく行かない模様
31周め
マグヌッセンにアロンソが接近 5位争いに
ハミルトンに「ピットにもどれ」との指示
ヴェッテルに10秒のペナルティが
課され
32周め
ヘッドレストを交換したハミルトンは9番手でコースに復帰
先頭に立ったヴェッテルには
10秒のペナルティ
2位のリカルドにチャンスが

34周目
ヴェッテルがペナルティ消化のためにピットイン
ハミルトンの前7番手でコースに復帰し
コレで
先頭はリカルド
ストロール マグヌッセン オコン アロンソ ボッタス ヴェッテル ハミルトン
の並びに
ライコネン ペレスに ドライブスルーペナルティ
35周目
ボッタスが アロンソを抜き5番手に浮上
36周目
t1でアロンソをアウト側に寄せたベッテルが
6番手浮上
ハミルトンもアロンソを躱し7番手にポジションアップ
エリクソンとウェーレインが接触
38周目
ボッタスが
オコンに抜かれた
マグヌッセンを躱し4番手に上げ
3番手のオコンと接近戦
39周目
ストレートで
ヴェッテルがマグヌッセンを躱し
t2からの立ち上がりでハミルトンがマグヌッセンを
抜いて6番手
3番手のオコンを
ボッタス ヴェッテル ハミルトンが
追いかける
40周目
ストレートでボッタスがオコンの前に
41周め
ペレス シートが壊れたということで
ピットイン リタイア
42周め
ストレートでヴェッテルが4番手にポジションアップ
ハミルトンは
43周めにポジションアップ
ヴェッテルから2.3秒遅れに
リカルドとストロールとの差は5.4秒
…靴を映さないでぇ
43周めにファステストを出した
ボッタスとストロールの差は9.22秒
44周目はハミルトンがファステスト
43秒台に入れる

残り6周
アロンソがノーパワといった?
バンドールンにエリクソンとウェーレインを抜けと

ハミルトンが
ボッタスを下げてヴェッテルのタービュランスにしろと
リクエスト
46周目はハミルトン
47周目はヴェッテルがファステストを更新
48周目ライコネンがリタイア
ストロールの2.7秒後方にボッタス
ボッタスとヴェッテルが2.65秒1.1秒後方にハミルトンで
49周
50周目 ハミルトンがヴェッテルのDRSゾーンに入る
ラストラップ
ボッタスもストロールのDRSゾーンが
近づき
リカルドがゴールした後方
最終コーナーから
DRSを使ってストロールに近づいたボッタスが
コントロールライン通過直前
横に出て0.1秒差で
ボッタスが前2位に入り
ストロールが3位
ストロールは表彰台最年少記録に12日届かず

4位にヴェッテル 以下
ハミルトン オコン マグヌッセン サインツ
アロンソ ウェーレイン が入賞
エリクソン バンドールン グロージャンが完走
ライコネンは14位完走扱い

リカルドはシューイをやる気まんまんダ
クルサードがインタビュアー

クレイジーを連呼しているが
クレイジーな事が起きるのはこれからだょ
リカルドがカットインされるたびに
イタズラ小僧ぽく見えてきた。

やめろクルサード靴に手を掛けるな

リカルドが抜いで飲み物の準備
ストロールにシューいさせておいて
素晴らしいスポーツ精神とクルサード。
シューイはスポーツ精神
なのか
リカルドがシューイして
インタビュー終了
ボッタスとクルサードは逃げました。

次戦は
第09戦 オーストリアGP
レッドブルリンクで
7月7日 日本時間17時
フリー走行1からスタート

2017 MotoGP 第08戦 オランダGP 決勝

MotoGPが
20時からだったでゴザル

天候:曇り 気温 19.4° 路面温度 26°

ザルコ マルケス ペトルッチに続いて出た
ロッシがt1でペトルッチを躱し3番手
バウティスタもポジションを上げ5番手
ヴィニャーレスも10番手までポジションをあげ
ザルコ マルケス ロッシ ペトルッチ レディング
でレーススタート
先頭の4台が1番手で走る工場王
バウティスタが5番手にあが
レディング ドヴィチオーゾ イアンノーネ クラッチロー ヴィニャーレスが
接近し
5周目
レディングが5番手
イアンノーネとドヴィチオーゾの6番手争いは
イアンノーネが6番手で
8周目
ヴィニャーレスが7番手にポジションを上げると
イアンノーネがポジションを落とし
5位グループは
レディング ドヴィチオーゾ ヴィニャーレス バウティスタ
クラッチロー イアンノーネの順となり
9周目に ロゥズ 10周目にフォルガーが転倒する中
ヴィニャーレスが6番手に浮上
11周め
ロッシがt1でマルケスを抜き2番手
ヴィニャーレスも5番手にポジションを上げ
12周め
ロッシがザルコを抜き1番手浮上
t3で膨らんだロッシがt4でイン側に向かいザルコと交差
ザルコが4番手にポジションを落とす
が、ザルコは直ぐにペトルッチを抜き3番手にポジションを戻すと
先頭グループは
ロッシ マルケス ザルコ ペトルッチ
の並びになり
この周 y17でヴィニャーレスがスリップダウンリタイヤ隣
5番手に
ドヴィチオーゾ クラッチロー バウティスタ レディング
となりペトルッチとドヴィチオーゾの差は3秒
16周目
ペトルッチが2番手にポジションアップ
ロッシに1秒遅れでペトルッチ マルケス ザルコに2秒を切った
ドヴィチオーゾが続く
19週目
t3の辺りでレンズに雨粒が付き始め
フラッグトゥフラッグを指示する白旗が振られ
この周
18周目にザルコを抜いていたドヴィチオーゾが
t1でマルケスを抜き3番手浮上
20周目に入ると
ザルコがピットに向かいマシンを交換
ドヴィチオーゾがt15でペトルッチの前にでる
21周め
ペトルッチがt5から6で抜き返し
ロッシ ペトルッチ ドヴィチオーゾ ロッシが
接近戦
ドヴィチオーゾにt1で抜かれた
ペトルッチがドヴィチオーゾを抜き返し
さらにロッシを抜いて1番手に浮上
23周めに
ドヴィチオーゾがミス マルケスに抜かれ4番手に
下がると
ペットルッチ ロッシと マルケス ドヴィチオーゾ
の間にギャップが広がり
ドヴィチオーゾとマルケスが3番手争いをする前方
ロッシがt15でペトルッチを抜き再び先頭にでる
24週目に
マルケスの後ろにクラッチローが付き
ペトルッチから2秒後方で
25周目
ドヴィチオーゾ マルケス クラッチローが3位争いに入り
クラッチローがt15で3位に上がり
ラストラップ
マルケスが3番手浮上
ペトルッチがバックマーカーのイアンノーネと接触
クラッチローと抜きつ抜かれつしていた
マルケスがt15で3番手に浮上
ロッシ ペトルッチがゴールした後方
クラッチローと サイドバイサイドになりながら
加速競争に勝ったマルケスが3位表彰台

ロッシが優勝
ペトルッチ2位 マルケスが3位
クラッチロー ドヴィチオーゾ ミラー アブラハム バズ
イアンノーネ アレイシ ポル ペドロサ ラバト ザルコ
の並びで

2017 Moto3 第08戦 オランダGP 決勝

アントネッリがFP3の怪我の痛みで
欠場

天候:曇り 気温 18° 路面温度 21°

マーティン ベンドシュナイダーが飛び出し…
カネットが先頭でる
も、t2でマーティンが前に
マーティン Ati ベンドシュナイダー ミーア スズキ ブレガ
の並びから
ミーアが2番手にポジションアップ
ベンドシュナイダーが抜き返し
ベゼッチがt15でポジションを落とし
マーティン ベンドシュナイダー ミーア スズキ…
カネットが16番手から
追い上げることに
フェナティ ノルディンが徐々にポジションをあげ
5周目
マーティンが膨らみ6番手に順位を落とすと
フェナティが一気に先頭に立ち
ベンドシュナイダー ミーア ノルディン スズキ
の並びに
ベンドシュナイダーを抑えこみ
先頭に立ったフェナティが
ミーアとベンドシュナイダーが2位を争う間に
少し離れ
フェナティ ミーア ベンドシュナイダー マーティン スズキ ノルディンが
トップグループを形成
カネットが9番手までポジションをあげ
8周目にファステストを出し7位グループの先頭に立つと
マーティンが先頭に立ったトップグループに接近
11周めに追いつき11台のトップグループになると
13周目にスズキを抜き
フェナティ マーティン ミーア ベンドシュナイダー
の後ろ5番手に浮上
マーティンがt15で先頭に立つと
フェナティを抑え2シュウを走行
15周目にフェナティが再び先頭に立ち
ミーアもt7でマーティンを抜き2番手浮上
5番手に付けていたベンドシュナイダーが膨らみ
11番手に後退
ラミレスがポジションをあげ
17周目のt15で1番手に立つと
ラミレス フェナティ ミーア マクフィー マーティン スズキ カネット

並びから
17週目のt15でマクフィーが一気に先頭に立ち
18周目 4番手にいたマーティンがt15で
マクフィに一気に仕掛けるも接触
11番手にポジションを落とし
ミーア フェナティがマクフィーのまえにでて
ダニーロ ラミレス カネットが続き

ミーアとマクフィー1番手ポジションを入れ替えながら
22周め
ミーア マクフィ カネット フェナティ ダニーロ マーティン ノルディン スズキ
の並びでラストラップに入ると
t8でカネットが2番手に上がり
ミーアとポジションを入れ替えながらの終盤
t10で
フェナティが仕掛けると
逃げ場を失ったミーアがポジションを落とし
フェナティが先頭にでる
そのフェナティに
t13でカネットが仕掛け横並びになると
t15でカネットがフェナティを躱し1番手に立ち
そのまま先頭でゴール
フェナティが2位 マクフィが3位で表彰台に
上がり
マーティンが4位
ダニーロ ラミレス ロドリゴ スズキ ミーアが
トップテン

スズキの前を走っていた
ノルディンがコントロールライン通過直前に
転倒
完走扱い?
ベンドシュナイダーも最終ラップのt15で転倒


次のページ
プロフィール

sealyoh

Author:sealyoh
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (62)
linux (96)
シェルスクリプト (3)
windows (31)
ADF (1)
スキャナ (5)
本 (5)
NAS (13)
家電 (4)
玄箱 (2)
同人 (20)
X68k-AT化 (11)
TVドラマ (78)
MotoGP (1078)
F1 (671)
ハードウェア (78)
コミック (156)
映画&DVD (26)
トラックバックテーマ (13)
相撲 (430)
ライトノベル (8)
アニメ (33)
TV番組 (17)
時事ネタ (47)
ニュース (42)
DIY (21)
食べ物 (5)
ネットワーク (4)
J:COM (5)
小説 (1)
覚え書き (21)
食事・食べ物 (3)
FC2掲示板
amazon検索
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
counter