FC2ブログ

2019 F1 2019 F1 第01戦 オーストラリアGP 決勝

黙祷があって
オーストラリア国歌斉唱があって
いよいよレース
メルセデスの1-2に
ヴェッテル フェルスタッペンが続き
ルクレール グロージャン マグヌッセンと
後ろにミサイル
17番手のガスリーが1週目に何処まで
来られるのかと
期待はこのあたりに

レッドブルはモシカシテ
車体がパワー負けしているんじゃ
ないかと

天候:晴れ 気温 23℃ 路面温度 43℃ 湿度 68%

ボッタスがイン側から飛び出し
トップでt1に侵入
ハミルトンが2番手
ヴェッテル フェルスタッペン ルクレール マグヌッセン グロージャン
でれーすがスタート
その後方 パーツが飛び散り
ルノーのサイドカウルが破損
リカルのマシンが縁石に乗りパーツが飛んだ様子で
2周めに
リカルドがパーツ交換
クビサもピットに入り19位でコースに
リカルドは最後尾
5週目
ラッセルのフロントウィングがハズレコースに
6週目からストロール サインツ クビアトが
13位争い
ガスリーがクビアトに食いつくも抜けずに7週目に
サインツに
抑えられクビアト ガスリーが
14位争いに
前方では
8週目に入り
ボッタスがハミルトンに3秒弱の差を付け走行
10週目に入り
ハミルトンに3.4秒
ヴェッテル フェルスタッペンに続き
ルクレールがコースオフを喫するも5位をキープ
11週目
サインツのマシンが白煙
ピットレーン入り口にマシンを止めることに
13週目
ライコネンがタイヤ交換ミディアムに変え16位でコースに復帰
ハミルトンがファステストを更新
ボッタスを3.6秒差で追いかけ
14週目
ヒュルケンベルグ ペレスがタイヤを交換
ヒュルケンベルグが14位ペレス17位でコースに戻り
ヒュルケンベルグはハードを選択
15週目
ヴェッテルがミディアムにタイヤ交換 6番手
マグヌッセン アルボンもタイヤを変え
ヒュルケンベルグがマグヌッセンにアタック
マグヌッセンは12位を守り
16週目
ハミルトンがミディアムに履き替え4位でコースに復帰
グロージャン ノリスがピットに入り
ノリスが13番手 グロージャンが14番手に
そのグロージャンに アルボンが襲いかかる
アルボンの攻めを抑え14位を守るグロージャン
17週目
ジョビナッツィがマグヌッセンと9位争い
ジョビナッツィが9位を守り
18週目
ボッタスがクビアトに続いてリカルドを周回遅れに
マグヌッセンがジョビナッツィを抜き前に
さらに ヒュルケンベルグに抜かれ11位に下がった
ジョビナッツィにライコネンが接近
これを行かせジョビナッツィは12位に後退
マグヌッセン ヒュルケンベルグ ライコネンが9位争いに
20週目
ジョビナッツィにとノリスが12位を争い
その争いにグロージャンが迫り21週目に入る
ボッタスがファステストで22周め
ボッタス フェルスタッペン ルクレールは
ソフトで22周めに
ノリスがジョビナッツィに仕掛けるも
抜くまでに至らず
24週目にボッタスがピットイン
ファルスタッペンが先頭に ボッタスは2番手で
コースに復帰 ルクレールが3番手
25週目
ジョビナッツィを抜きあぐねる
ノリスの後ろにグロージャン アルボン ペレスが接近
12位争いは5台に
ファルスタッペンがピットに入り5位に
ノリスがt2で前に
前に出たノリスがジョビナッツィを一気に引き離す
更にt13でグロージャンが前に
27週目
アルボンを抜いたペレスがジョビナッツィも抜き14位浮上
ジョビナッツィはアルボンを抑え15位を守り
クビアトがタイヤ交換11番手
29週目ジョビナッツィはこの週タイヤを変え
17位
ルクレールがタイヤ交換 5位で戻り
2秒後方にガスリーがつける
ボッタスがハミルトンに16秒差で逃げ
3位のヴェッテルにフェルスタッペンが迫る
ルクレールの後ろにただ一人タイヤ交換を行っていない
ガスリーが付け
マグヌッセン ヒュルケンベルグ ライコネンが10位
31週目に入ったt頃で
フェルスタッペンがヴェッテルを抜き3位浮上
リカルドがマシンをピットに入れリタイア
グロージャンもエスケープゾーンにマシンを止めリタイア
3位に上がったフェルスタッペンは
ハミルトンとの差を1.3秒に
クビアトがストロールとの差を1秒以内に縮め
入賞を狙う
38週目
t1でストロールの前に出たクビアト、が止まりきれず
コースオフ
がスリーがタイヤを変え10位
クビアトのすぐ前で戻るも
t1でクビアトに抜かれ11位に
ソフトタイヤを履きながらハードのクビアトに手こずる
ガスリーは41週目もクビアトの後ろ
クビアトはストロールに3.4秒まで追いつき
41週目
ボッタスがファステスト
ハミルトンに23秒差を付け
そのハミルトンにフェルスタッペンが1.7秒差で3位を走行
42周めもボッタスがファステスト
ガスリーがクビアトに遅れ始め
ストロールとクビアトの差は1.2秒に
44週目ラッセルがピットイン
45週目
ファルスタッペンがハミルトンとの差を1.5秒に
ヴェッテルを10秒後方に置き
46週目に
クビアトがストロールの1秒以内に戻り
ガスリーもクビアトと1秒以内の差を取り戻すs

ボッタスが25秒差で先頭を走り
2位争いはハミルトンとフェルスタッペンに
後方では
8位のライコネンに ストロール クビアト ガスリーが
それぞれ1秒以内の差で争う形で
残り10週
フェルスタッペンがコースオフ
ハミルトンと3.4秒差に
51週目
7位のヒュルケンベルグにライコネンが追いつき5台の争い
となりそうな終盤
11位のガスリーまで2.7秒に
ノリスがペレスを抜き12位浮上
ボッタスがクビアトまで周回遅れに
55週目
フェルスタッペンがファステスト 1分26秒540
ハミルトンに1.4秒まで迫ち
残り3週
ラッスラップ
ボッタスが1分25秒580でファステスト
フェルスタッペンがハミルトンに1秒以内で
最終ラップ
ボッタスが走りきり優勝
ハミルトンが2位を守り
フェルスタッペンが3位表彰台
ヴェッテル ルクレールが4位、5位となり
マグヌッセン ヒュルケンベルグ ライコネン
ストロール クビアトが10位入賞
…ガスリー11位
ペレス ジョビナッツィ ラッセル クビサ

17台が完走し
グロージャン リカルド サインツが
リタイア

第02戦 はバーレーンインターナショナルサーキット
で3月29日、日本時間20時スタート
のバーレーンGP

早くもMotoGPとのブッキングに

ホンダが1台くらいリタイアするかと思ったが
全車完走で
1台表彰台 1台入賞は良かった
というか
ガスリー…



スポンサーサイト
続きを読む

2019 F1 第01戦 オーストラリアGP 予選 Q3


天候:晴れ 気温 ℃ 路面温度 ℃ 湿度 %

Q3がスタート
開始から1分
マグヌッセンが最初に動き
続いてグロージャン
ハミルトン ボッタス ノリス ヴェッテル ルクレール

7台が動き
間を開けてフェルスタッペンが始動
ライコネン ペレスは様子見で残り10分
ボッツがハミルトンを上回るペースで走り
ボッタスが1分20秒598で1番手
ハミルトンが0.457遅れて2番手に入り
ヴェッテル ルクレール フェルスタッペンが5番手
グロージャン マグヌッセン ノリス
と並んで最初のアタックが終了
フェルスタッペンはミスがあった様子
各車がピットに戻り
コースは無人に
残り3分半を切った所でペレスが始動
ボッタス ハミルトン マグヌッセン グロージャンが
動き
ヴェッテル ルクレール ライコネンが
間を開けてコースイン
残り2分となった所で最後にフェルスタッペンがコースイン

ハミルトンが十分に前を開け
計測に入る
ハミルトンのタイムをボッタスが上回り
セクター1セクター2をクリア
チェッカーを受け
ハミルトンがトップタイム
ボッタスは0.112届かず
ヴェテル ルクレールが2列めに並び
フェルスタッペンは4番手
ルクレールを抜き2列めに並び
10台のグリッドが確定

ポールポジションはハミルトン
1分20秒486
隣にボッタスが並び
2列目はヴェッテルとフェルスタッペン
以下 ルクレール グロージャン マグヌッセン
ノリス ライコネン ペレス
とグリッドが確定
決勝は
平成31年3月17日 日本時間 14時10分スタート


続きを読む

2019 F1 第01戦 オーストラリアGP 予選 Q2

天候: 気温 23℃ 路面温度 37℃ 湿度 69%

Q2が開始
このセッションは
ハミルトンが最初にコースに登場
ヴェッテル ルクレールとコースに入り

ハミルトンがトラフィックを避けながらタイムアタック
1分21秒
そのタイムをルクレールが更新
ヴェッテルは3番手に
開始から間もなく分
ボッタスがトップタイムを更新し
全車がコース上
ボッタス ルクレール ハミルトン フェルスタッペン
のトップ4ががピットに戻り
フェルスタッペンが2番手に入れ
残り7分弱
ノックアウトゾーンには
グロージャン クビアト アルボン ジョビナッツィ ノリス
が並び
10番手に ペレスという並びで
最後の計測に備える各車

残り3分半を切った所で
ルクレール以外のマシンが
一斉にコースイン
マグヌッセンから計測に入り
チェッカーを受け
ハミルトンが1分21秒014でトップタイムを更新
グロージャン ノリスがタイムを更新
グロージャン クビサ アルボン リカルドは
タイムを更新出来ずノックアウト
ペレスが10番手に入れQ3進出

ノックアウトは
ヒュルケンベルグ リカルド アルボン ジョビナッツィ
クビアト
続きを読む

2019 F1 第01戦 オーストラリアGP 予選 Q1

天候:晴れ 気温 23℃ 路面温度 39℃ 湿度 68%

15時 Q1がスタート
すぐにコースに向かうマシンはなく
開始から30秒
マクラーレンからノリスがコースイン
続いたのはクビサ
1分半経過した所でラッセルがコースに入り
ノリスが計測に入った所でヴェッテル、ルクレール ライコネンが
コースイン
開始から4分
ノリスが1分24秒台でまずはトップタイムを掲示
その間にマシンがコースに入り始め
ラッセル クビサが2番手、3番手タイム
ヴェッテルがミディアムで計測に入り
メルセデスの2台が始動
ヴェッテルが
1分23秒台
ライコネン ルクレールがソレを上回るタイムで走り
ジョビナッツィが2番手
クビアトがトップタイムを更新して残り10分
グロージャン マグヌッセン リカルドを除く17台がコース上
残り9分
ハミルトンが
トップタイムを更新
ボッタスがソレを上回り1番手に
ペレスが3番手タイム
残り7分
グロージャンマグヌッセン リカルドがアウトラップに入り

リカルドが7番手
グロージャン  5番手 マグヌッセンが16番手で
マグヌッセン ストロール アルボン ラッセル クビサ
がノックアウトゾーンで
残り5分
フェルスタッペンが3番手
ハミルトンが1分22秒043でトップタイムを更新
メルセデス レッドブルの4台以外がピットに入り
残り3分
ノリス ストロール ラッセルが
再始動
10位以下のマシンがコースに向かい
ペレス ルノーの2台もコースイン
ピットレーンでは
レーシングポイントの前にマグヌッセンが割り込む
形でコースイン 審議になりそうな

チェッカーを受け
ストロールが8番手
サインツが16番手に落ち
クビサ20番手
ライコネンが16番手から9番手に
サインツが16番手から12番手に入れるも
ジョビナッツィ クビアト ルクレール マグヌッセンが
タイムを伸ばし
リカルド アルボンもポジションを上げ
ノックアウトは
ストロール ガスリー サインツ ラッセル クビサ



2019 F1 第01戦 オーストラリアGP フリープラクティス3 覚書

フェルスタッペンがシャーシを交換
ルノーがトロ・ロッソが早くなった
Bチーム体制に不満
→マクラーレンをBチームに

天候:晴れ 気温 22℃ 路面温度 43℃ 湿度 61%

シャーシを交換した
フェルスタッペンが最初にコースへ
続いてライコネン
マグヌッセン アルボン サインツ
とコースイン
クビアト グロージャンとまずは7台がコースに入り
少し間をおいて
ノリス クビアト  ラッセルと10台がコースイン
インストレーションラップで各車引き上げる中
2周めに入ったのは
クビカ ラッセルの2台
ラッセルがミディアムタイヤで1分30秒台のスタート
開始8分フェルスタッペンが再びコースへ
その前で走行していたガスリーがミディアムを使用して
1分26秒台のタイムを計測
計測に入ったフェルスタッペンが
1分25秒で1番手に
15分が経過し
フェルスタッペン ガスリー ラッセル クビアトが
タイムを掲示
コース上は
フェルスタッペン、ガスリー リカルド サインツ
計測に入っていたリカルドが2番手浮上
20分が経過
ペレスが始動し
ソフトを使用し計測に入っていた
クビアトが1分24秒 アルボンも3番手に
残り40分を揃った所で
フェラーリの2台 ストロール ボッタスが始動
タイムを出すマシンが増え
開始24分ヴェッテルがアウトラップから最初の計測で
1分23秒739を出し1番手
ボッタスが2番手 ルクレールが3番手に入れ
19台がタイムを掲示
残り35分、ハミルトンがアウトラップ
計測に入り
1分23秒699
ハミルトン ヴェッテル ルクレール ボッタス
の4台が0,16秒以内に
1.1秒遅れて
クビアト グロージャン アルボン マグヌッセン
フェルスタッペン ヒュルケンベルグ
と並び
残り30分
ライコネンが1,09遅れで5番手
グロージャンが5番手タイムを更新
残り
25分になろうという所で
ボッタスがトップタイムを更新
ハミルトンが
そのタイムを更新 1分23秒360
ガスリーがミディアムで走行
クビサがピットレーンに戻る所で
左フロントを壁にぶつけ マシンを破損
残り22分
ピットに戻るマシンが増えコース上は
リカルド ガスリー サインツの3台が走行
ガスリーはミディアムで12番手に
残り20分を切り
クビアト フェラーリの2台 ヒュルケンベルグら
がコースイン
ここまでフェルスタッペン ガスリー以外は
ソフトタイヤでのタイム

残り12分
ヴェッテルが1分22秒556で1番手浮上
マグヌッセン
グロージャンが2番手タイムを次々に更新し
ハミルトンが4番手に後退
残り10分を揃った所で
ハミルトンがヴェッテルのタイムを0.264上回り
1分22秒292で再びトップに
ルクレールが3番手に入れ
残り9分
フェルスタッペン ガスリーがコースイン
ライコネンが計測に入り 、9番手
フェルスタッペンは7番手
クビアトがそれを更新し ガスリーが6番手に入れ
残り5分
メルセデスはt16のあたりで苦労している様子
残り22分を切り
マクラーレンはスタート練習へ
ボッタスもピットレーン出口に向かい

チェッカー
ハミルトンが1分22秒292でトップ
0.264秒差でヴェッテル
その後ろにルクレール グロージャン マグヌッセン
とフェラーリPUが並び
ガスリー ボッタス クビアト フェルスタッペン
ホンダPUの中にメルセデスが1台混ざり
その後ろにルノー
リカルドが10番手に並び
ヒュルケンベルグ ジョビナッツィ サインツ ペレス
アルボン ストロール ライコネン ノリス ラッセル クビアト
の並びで土曜フリー走行は終了

予選は日本時間15時から

三味線か実力か

次のページ
プロフィール

sealyoh

Author:sealyoh
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (74)
linux (96)
シェルスクリプト (3)
windows (38)
ADF (1)
スキャナ (7)
本 (5)
NAS (13)
家電 (5)
玄箱 (2)
同人 (23)
X68k-AT化 (11)
TVドラマ (78)
MotoGP (1656)
F1 (961)
ハードウェア (93)
コミック (157)
映画&DVD (26)
トラックバックテーマ (13)
相撲 (432)
ライトノベル (8)
アニメ (33)
TV番組 (17)
時事ネタ (55)
ニュース (45)
DIY (26)
食べ物 (6)
ネットワーク (4)
J:COM (5)
小説 (1)
覚え書き (31)
食事・食べ物 (4)
FC2掲示板
amazon検索
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
counter