FC2ブログ

我流館

すきなことをすきなようにかくぶろぐ

2016 F1 第16戦 マレーシアGP フリープラクティス2 覚書

マグヌッセンには
メキシコに備えて準備した実験的なパーツの内
ブリーザーからの燃料漏れ

新しいパーツが駄目だったと
コメント FP2から出るつもり
チームに
ペナルティが着くかなぁ

天候:晴れ 気温 33°路面温度 58°湿度 48%

グティエレス グロージャンからコースイン
アロンソ オコンが続き
インストレーションラップから
続けてタイム計測に入った
アロンソ グティエレス グロージャン 
が先ずタイムを掲示し、5分
ライコネンが1周を回ってピットイン
ヴェッテルはそのまま走り
開始8分37秒台で1番手にいれ

ロズベルグがミディアムで36秒台で1番手にいれ
最初の10分が終了

19分経過したところで
ハミルトンがミディアムでロズベルグを抜き1番手
但し36秒台
フェルスタッペンもミディアムで3番手
ハミルトンは途中ステアリングに違和感を覚えた模様

更に2周を回ったハミルトンが
このセッションで最初に35秒台にいれ
ピットイン
15分を経過し
フェラーリの2台だけが留まるコースで
ヴェッテルが計測に入り

トップタイムを計測 ソフトタイヤを使用

丁度30分が経過したところで
ロズベルグがソフトタイヤを履いて
計測に入り
1分35秒177で1番手
リカルドが4番手にいれ
ロズベルグ ヴェッテル ハミルトン リカルド フェルスタッペン
が上位に並び

ペレス アロンソが4番手 5番手に入れた処で
ソフトタイヤを履いたハミルトンが計測に入り
残り55分
ハミルトンが34秒台にいれ1番手
後ろを走っていたフェルスタッペンが4番手タイム

残り49分半
マグヌッセンがミディアムタイヤでガレージを出て
コースイン
マグヌッセンの出て行ったガレージでは
床にこぼれたガソリンの吸い取り作業

残り46分
マグヌッセンがインストレーションラップから
2周目に入る
そのコースには
ロズベルグ ヒュルケンベルグ クビアト ナッサ グロージャン
の5台
t15でコースを飛び出したマグヌッセンが
入り口を超えた所から
植え込みを横切ってピットレーンに入り
ガレージを素通りして再びコースに
そのコースには
ハミルトン ヴェッテル アロンソ ペレス等が
登場
残り42分
ハミルトン ロズベルグ ヴェッテル フェルスタッペン ペレス
アロンソ リカルド ヒュルケンベルグ サインツ パーマー
がトップテンで
そろそろロングランの時間帯に入り
ロズベルグ ヴェッテルはユーズドのソフトを使用
残り40分
マグヌッセン22番手タイム

ロズベルグ 41秒台で周回中
ハミルトン 40秒台後半のタイムで周回

此処に来てハードからソフトに履き替えさせてもらった
ライコネンが
残り33分半で4番手
ロズベルグが左リアの温度上昇に注意するように指示される
この時点で路面温度は57°

残り25分を切ったところで
やっとソフトに履き替えたバトンが計測に入り
36秒715で10番手タイム
マグヌッセンに邪魔された模様

殆どのドライバーが
左フロントタイヤが厳しいと訴えた
10数周前後のロングランを終え
ピットに戻ると
最後の10分をタイヤを履き替えてコースへ

ハミルトンがハード
ロズベルク ヴェッテルがミディアム
ライコネンがソフトでコースイン

ハミルトンが17周を走ったハードタイヤで40秒前半
ロズベルグがミディアムで40秒台半ば
のタイムで走行を続けセッション終了

初日のトップタイムは
ハミルトンが開始35分に出した1分34秒944

ハミルトン ロズベルグ ヴェッテル ライコネン フェルスタッペン
ペレス アロンソ リカルド ヒュルケンベルグ  バトン
がFP2のトップテン

FP3は
2016年10月1日 15時(日本時間)から

昼間やってくれると
眠くならなくて助かる。


スポンサーサイト




[タグ未指定]
[ 2016/09/30 14:57 ] F1 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

sealyoh

Author:sealyoh
いらっしゃいませ

カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2掲示板