FC2ブログ

我流館

すきなことをすきなようにかくぶろぐ

2018 F1 第04戦 アゼルバイジャンGP 決勝 その1



ヒュルケンベルクがギアボックスを交換
5グリッドダウンで14番手スタート

天候:薄曇り 気温 17°路面温度 27°湿度 46% 風速 9-31km/h

ヴェッテル ハミルトン ボッタス リカルド
フェルスタッペン オコン ライコネン・・・でレーススタート

その後方
横並びに左から
アロンソ シロトキン ヒュルケンベルク
でt1に飛び込んだ3台
前に出たシロトキンに右から
ヒュルケンベルクがプッシュ
押されたシロトキンが左のアロンソに接触し
アロンソのマシンは左フロントを破損
シロトキンは左サスペンションを壊しリタイアに
更にt2で
ライコネンが オコンを抜こうとして接触
オコンがコース上で止まり リタイア
セーフティーカーが出動
ライコネンは走り出し
ピットに戻って
フロントウィングを交換し
ソフトタイヤに履き替えコースに復帰

右フロントタイヤがパンク 、お帆リアがバーストした
マシンをピットに運んだアロンソ、
右フロント 左リア ウィングを交換し
コースに復帰

先頭にヴェッテル ハミルトン ボッタス
リカルド フェルスタッペン サインツ
ストロール ヒュルケンベルク ルクレール
がトップテン
バンドールン ライコネン ハートレー
グロージャン ペレス マグヌッセン
アロンソ エリクソン
の並びで
5周終わりに
セーフティーカーがガレージに戻り
レース 再スタート
ヴェッテルの マシンの振り回しに ハミルトンが
文句をつけるも
その降り回しでしっかりと熱を入れた
ヴェッテルがダッシュを決めハミルトンに
リードをつくる
ボッタスに続いて4位に
リカルド、フェルスタッペン サインツ
メインストレートに差し掛かると
リカルドとフェルスタッペンが
やり合い横並びから
アウトに押し出されたリカルドが
フェルスタッペン とサインツに抜かれ5番手に後退
ショートカットしたフェルスタッペンが
7周目
一瞬サインツに前を譲り
すぐに抜き返し 4位争いを フェルスタッペン とサインツ
リカルド
更に8周目まで7番手を守ったガスリーを
メインストレートでヒュルケンベルクが抜き
ヒュルケンベルクが4位争いに加わる
抜かれたガスリーはポジションを一気に落とすことに
9周目
t1でサインツがフェルスタッペン
ヒュルケンベルクがリカルドを抜いて
サインツ フェルスタッペン ヒュルケンベルク リカルド
の並びに変わると
10周目にはヒュルケンベルクが
フェルスタッペンを抜き5番手に

11周目 ヒュルケンベルクのマシンが
左リアを壁にぶつけ タイヤをパンクさせた
ヒュルケンベルクはここでリタイア
サインツを追うことをせずに
チーム同士でやり合う
リカルドとフェルスタッペンが
12周目
ポジションを入れ替える攻防の結果
フェルスタッペンが5番手に
その間にサインツが逃げる
13周目
ガスリーがピットイン 最後尾に
16周目
いったんは離された
サインツに追いついた
フェルスタッペンがサインツを抜き
4番手に戻り
ピットレーン入り口手前で抜かれた
サインツがピットイン ソフトに履き替え13番手でコースに復帰
ハミルトンが
t16でふくらみ タイムをロス
ヴェッテルがハミルトンに4.8秒のギャップをつける

ハミルトンが
ファステストを繰り返し
ヴェッテルのとの差を埋めに掛かる

22周目t1を止まりきれず直進してしまったハミルトンが
タイヤがなくなったことを訴え
23周目にピットイン
ソフトに履き替え3番手でコースに復帰

スポンサーサイト




[タグ未指定]
[ 2018/04/30 01:06 ] F1 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

sealyoh

Author:sealyoh
いらっしゃいませ

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
FC2掲示板