FC2ブログ

我流館

すきなことをすきなようにかくぶろぐ
月別アーカイブ  [ 2019年06月 ] 

2019 F1 第07戦 カナダGP 決勝

天候:晴れ 気温 28℃ 路面温度 51℃ 湿度 17%

スタートでルクレールがハミルトンに並びかけるが
ハミルトンが抑えて2番手を守り
ルクレールは3位のまま
その後ろにリカルド ガスリーと続き
ヒュルケンベルグがボッタスを抜き1つポジションアップ
ボッタスが7番手、ノリス クビアト
ハードを選択したフェルスタッペンは9位スタート
後方ではスタートで
2台に挟まれたアルボンがフロントウィングを破損
2周めにピットに戻り 最後尾で復帰
3周目サインツがピットに戻りタイヤを交換
フェルスタッペンはノリスの後ろに付き6周目のストレートで
ノリスを抜き8位浮上
8周目 ガスリーがハードタイヤに交換13番手でコースに復帰
5位ヒュルケンベルグに1.2秒差のボッタスに
フェルスタッペンがDRSゾーンで追いかける
9周目
リカルドがタイヤを変え11位でコースに復帰
その後ろt2の入りで
ノリスが右リアタイアを破損
ブレーキから火を上げたマシンを止めリタイア
セクター1でイエローが出ているコースで
レースが進行
12周め
ペレスがピットイン15位で復帰
ガスリーにジョビナッティが接近10位争いに
その前方ではリカルドがストロールを抜き8番手にあげ
クビアトがタイヤ交換にピットに入り
労せずリカルドは7番手で14秒前方のフェルスタッペンを
追いかける
14周目 ガスリーがジョビナッティを引き離し
ストロールに接近
17周目に入り
最後までソフトで走っていたヒュルケンベルグが
ハードタイヤを変えピットアウト7位でコースに復帰
上位の4台がミディアムに
先頭グループは
ハミルトンがヴェッテルに1,8秒差で2位を走り
ルクレールが4秒後方からフェステストを出し追いかけ
20周目に入る
ボッタスとフェルスタッペンの間にクビアトが入り
処理に戸惑ったフェルスタッペンがボッタスから
2秒弱の差を付けられ
再び差を詰める走行に
ガスリーもストロールとのギャップが広がりその差は1.8秒に
フェラーリのタイヤはメルセデスより2周オールド
24週目
ヒュルケンベルグのマシンにトラブルが出た模様
ガスリーがストロールに引き離され始め
ヴェッテルが27週目にピットイン、ハードタイヤに変え
3位でコースに復帰
ハミルトンがペースを上げタイヤ交換でヴェッテルの前を狙うが
28週目
ハードに変えたハミルトンは
ファステストで28週目を走り抜けたヴェッテルの
4.5秒後方でコースに復帰
31週目
ボッタスがハードタイヤに変えコースに復帰
2秒前方を走る5位リカルドを追いかける
33周めにボッタスがリカルドに1秒以内の距離に入り
この週
ルクレールがタイヤを交換、4位でコースに戻りフェルスタッペンが3位で34周に
ハミルトンがファステストヴェッテルとの差を3秒に
35週目
ボッタスがバックストレートからt13で仕掛けるも届かず
同じところでルクレールがフェルスタッペンを抜き3位浮上
ボッタスの攻めをしのぎリカルドが5位を守るも
39週目 バックストレートでボッタスが前に出て5位浮上
ハミルトンがヴェッテルのDRSゾーンにはいり40週目に入る
が、41週目は
ヴェッテルがファステスト1.2秒のギャップを築き
43週目ボッタスがファステストを更新
44週目もファステストを取りフェルスタッペンまで7秒ちょいに。
46週目ハミルトンが再びヴェッテルDRSゾーンに入る
ストロールがタイヤを交換、10位でコースに戻り
すぐ後ろにクビアトが迫り
更にヴェッテル ハミルトンが接近する
ヴェッテルがt4でグリーンに飛び出し
ハミルトンとギリギリの所でコースに戻り
トップを守る
49週目
フェルスタッペンがタイヤを交換、
出口でヒュルケンベルグに並びかけるも引いて
7位でコースに復帰
ハミルトンとヴェッテルに審議
51週目
バックストレートでフェルスタッペンがヒュルケンベルグを抜き6位に
更にリカルドを抜き5位で52周めに
ヴェッテルが52周目をファステストで抜け
53週目はボッタスがファステスト
57周目 ヴェッテルに5秒のタイムペナルティ FIAぇ
優勝に5秒のギャップが必要になったヴェッテルが
この周ファステスト
58週目 60週目とルクレールがファステスト
63週目18位を走行していたアルボンのマシンをガレージに入れ
アルボンはここでリタイア
ルクレールがファステストを行進し
ヴェッテルとの差が8秒に
65週目ハミルトンがヴェッテルのDRSゾーンに入れ
ヴェッテルの前にでての優勝を狙う
67週目ストロールがサインツを至近距離に見据え9位を狙う
クビアトもストロールをDRSの距離で追いかけ
残り3周
ストロール クビアトがサインツを抜き2台が入賞圏内に入り
サインツが入賞圏外に落ちて残り2周
ボッタスがタイヤを変えファステスト狙いに。
ルクレールが後1.5秒で2位の距離に入り
リカルド ヒュルケンベルグを周回遅れにして
先頭2台がラストラップ
ヴェッテルが最初にコントロールラインを通過
1秒と差を築かせずコントロールラインを抜けたハミルトンが
忖度で優勝
ルクレールは届かず3位
ヴェッテルはピットレーン入り口でマシンを止め
パルクフェルメに向かわずホームに

優勝はハミルトン
ヴェッテルが2位 3位にヴェッテル
ラストラップに ファステストを出したボッタスが4位
フェルスタッペンは5位
周回遅れにされた6位以下
6位にリカルド 7位ヒュルケンベルグ 8位ガスリー
終盤にサインツを抜いた
ストロール クビアトが入賞しサインツは11位で入賞を逃す結果に
ペレス ジョビナッティ グロージャン ライコネン ラッセル
マグヌッセン クビサ

セーフティーカーも入らず
忖度も有りで5時前にレースが終わったのが唯一良かったところかな

ハミルトンのインタビューにブーイング

ホームに戻って気を落ち着かせたのかパルクフェルメに来た
ヴェッテルがハミルトンのマシンの前に2位のパネルを置く
パフォーマンスで会場を沸かせ
ハミルトンと握手をした後は
お互いに無視する姿勢に

表彰台で肩を組んでみせるも微妙。な雰囲気で
シャンパンファイトも
メルセデスとファラーリに別れて
行われるという…

メルセデスへの忖度がひどい
FIAもつまらないことをしたものだと。
ヴェッテルを擁護するつもりはないが
シリーズをつまらなくした処が

次戦は 第8戦 フランスGP
6月21日 日本時間18時からの金曜フリー走行1
で開幕

スポンサーサイト




[タグ未指定]
[ 2019/06/10 03:10 ] F1 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

sealyoh

Author:sealyoh
いらっしゃいませ

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2掲示板