FC2ブログ

我流館

すきなことをすきなようにかくぶろぐ

2019 F1 第10戦 イギリスGP 決勝後のニュース


レッドブルF1、イギリスGP決勝直前の混乱はリアウイングのひび割れが原因と説明


グリッドで
レッドブルがいじっていたのはリアウィングのエンドプレートでした。
2台ともに交換。

アルボン。問題となったパワーユニットの症状は

アルボンが終盤ポジションを落としたのは
「PU(パワーユニット)に高圧系に関連した問題が出て、エンジンを切らないと、
クルマに触ることができない状況にある」ホンダ 田辺豊治

バーレーンでのルノーに起こった症状と同じらしく
コース上でも緊急に止めなくても走り切ることはできたという事で。
…ルノーがコース上で止めなけれは…

そのまま走り続けるか、エンジンを切ってタイヤを変え
再始動してコースに戻るかという、選択肢しかないということで
どっちにしろ入賞は無理だったっぽい。

13週目のフェルスタッペンとルクレール
ピットレーンで横並びからフェルスタッペンが前に出たシーンで
レッドブルのタイヤ交換が1.91秒と
ピット作業の最速タイムを0.02秒更新
このあとすぐにルクレールに抜かれたのは
ガスリーにぶつかりそうになったため、

セーフティカー後のフェルスタッペンとルクレールの攻防
25週目
t7でフェルスタッペンを完全にコース外に押し出し順位を上げるも
ルクレールも半分はみ出していたことと
t8でフェルスタッペンが自力で5位に戻した結果、
審議されなかったという事で
この条件で審議されないということなら
コース外に押し出しても、自分もコース外に
出ていれば審議逃れが出来そう。

27週目にガスリーを抜いて4位に上がった
フェルスタッペンだったが
セーフティカー解除直後からガスリーにはフェルスタッペンを
前に行かせるように さり気なく指示されていたものの
無視していた模様

終盤のメルセデスのフェイクは
ハミルトンが無線でのピットイン指示を無視して
最後まで走り続けたという事を発表しているか。


路面温度は低い方が接戦となりそうなので
今後もそうなる方が面白くなりそう

スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2019/07/16 19:00 ] F1 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

sealyoh

Author:sealyoh
いらっしゃいませ

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2掲示板