FC2ブログ

我流館

すきなことをすきなようにかくぶろぐ
月別アーカイブ  [ 2019年09月 ] 

2019 F1 ロシアGP 決勝

クビアトは更に新しいパワーユニットに交換して
参戦している模様
雨という予報も出ていたソチですが
天候は晴れ 気温 21.9℃ 路面温度 34.8℃ 湿度 68.2%

ルクレールが飛び出し
ヴェッテルが2番手から
t2でルクレールのインに入ってトップ浮上
サインツは直線dハミルトンの前に出るも
t2でハミルトンが前で3番手 サインツ ノリスが続き
ボッタスがノリスを抜き5番手にあがり
ペレス ヒュルケンベルグ フェルスタッペンから
フェルスタッペンがヒュルケンベルグをぬいた
所でセーフティカー
t2でグロージャンがダラかと接触し
壁にぶつかってストップ
リカルドがパンクしたマシンをピットに運び
クビサがピットイン
ジョビナッティが右にリカルド 左にグロージャンと
挟まれ
グロージャンがジョビナッティのマシンに乗り上げ
コントロールを失い
リカルドはリアタイアをパンクさせることに
2周めにリカルドがハードタイヤに交換し
コースに復帰
マグヌッセン ストロール ガスリークビアト
ライコネン ラッセル アルボン クビサ ジョビナッティ
リカルドで
3周終わりにセーフティカーがピットに入り
レース再開
すぐにヴェッテルが逃げに入り
5周目 ベッテルがファステストを更新
ライコネンがクビアトを抜く、クビアトが
抜き返し13位を守り
6周目DRSが解除され
ライコネンに審議
4位のサインツをDRS圏内に置くボッタスが
7周目t2でサインツを抜きボッタスが4位
8周目
t3でアウトを取り
t4でクロスしてペレスを抜きフェルスタッペンが7位
前にいるノリスを狙う
9周目
前方では ベッテルが立て続けにファステストを更新
ルクレールに1.6秒差をつけ
ハミルトンはそこから1.2秒後方を走行
ベッテルにルクレールにトップを譲れという無線
遅いルクレールが不満を垂れ流すしながら11周目
ライコネンがフライングでペナルティに
消化して最後尾を走り
アルボンが14位までポジションを上げ
12周め
t2でフェルスタッペンがマシンをインに振り
ノリスをオーバーテイク 6位にあがリ
3.8秒前方のサインツが次の相手に変わる。
ヒュルケンベルグが8位をはしるペレスをDRSゾーンにいれ
14周目
ヴェッテルがファステストを更新し
ルクレールに3.678秒のギャップ。
ヒュルケンベルグがペレスを抜き8番手にあがリ
17周目 ヴェッテルがファステストを更新すると
ルクレールにプッシュしろと無線が飛ぶ
フェルスタッペンがサインツを1秒以内に入れると
t2であっさりと抜き5位に
4位のボッタスまでは18秒
ヒュルケンベルグがピットイン、
ちょっと時間が掛かったタイヤ交換はミディアムに変えて
17位でコースに復帰
アルボンがクビアトを抜き12位
さらに ガスリーに迫る
21周目
ノリスがミディアムにタイヤを交換13位でコースに復帰
22周目ヴェッテルがクビサを周回遅れに
サインツがピットイン ミディアムに変えノリスの前、12位でコースイン
23周目 ルクレールを先にピットに入れミディアムに交換
4位でコースに復帰し
24周目 ペレスがピットイン
アルボンとガスリーが横並びにコーナーを、クリアしていき
アルボンが8位、25周目
クビアトがガスリーを抜き9位にあがり
抜かれガスリーのすぐ後ろにサインツが迫ると
ガスリーを抜きサインツが10位。
26周目
フェルスタッペンにプッシュ指示
リカルドがマシンをピットに戻しリタイア
ルクレールがファステストを更新し
ギリギリルクレールがまえに 出られそうなタイミングで
ベッテルをピットに入れ
ルクレールを先行させ
ヴェッテルを4位に落とすと。
28周目 ヴェッテルがt15でマシンを止めリタイア
MGU-Kが故障
コースにはヴァーチャルセーフティカーが
宣言され
一斉にマシンがピットに戻り
ヴェッテルは歩いてガレージに
ハミルトン ボッタス
29周目
フェルスタッペンがピットに入った所で
ヴァーチャルセーフティカーが解除
がラッセルが止まれずウォールに刺さり
今度は
セーフティカーが入ることに
30周目
セーフティカーの中
アルボン ヒュルケンベルグ ルクレールと
タイヤを交換
31周目 ルクレールが再びピットに入り
ミディアムからソフトに交換
クビサがマシンをガレージに戻しリタイア
ハミルトン ルクレール ボッタス フェルスタッペン
サインツ マグヌッセン ノリス ペレス ストロール
アルボン ヒュルケンベルグ ガスリー クビアト
ジョビナッティ ライコネンと順位を変え
32周終わりでセーフティカーがピットにもどリ
レース再開
フェルスタッペンがt2でロック
ハミルトンが逃げ、ルクレールをボッタスがブロック
アルボンが2台を抜いて8番手
ルクレールがDRS圏内で解除されるのを待ち
ハミルトンがルクレールに2,1秒のギャップで35周目
DRSが使用可能になり
36周目 ハミルトンがファステストを更新
アルボンが7位
クビアトとガスリーの争いは
クビアトのインに入ったガスリーが止まりきれず
t2で飛び出しライコネンに先行され14位に後退
クビアト ライコネンの12位争いに変わり
38周目
クビアト ライコネン ガスリー ジョビナッティが接近
ハミルトンががファステストを更新し
ボッタスと3.1秒のギャップを築くことに
39周目ルクレールはボッタスのDRS圏内を走るも
なかなか前に出れず40週目に入り
アルボンがマグヌッセンをDRS圏内にいれ
其の後ろではヒュルケンベルグがノリスに0.8秒と迫り
42周目
マグヌッセンを抜きあぐねるアルボンにペレスが接近
アルボンがバックストレートエンドでインに入り6位
5位のサインツまで4,4秒
44周目
マグヌッセンがコースオフ8位に後退
ノリス ヒュルケンベルグ ストロールの三つ巴で9位争いが続き
47周目
マグヌッセンに5秒のタイムペナルティ
ハミルトンがファステストを更新、ボッタスとのギャップが4.7秒に
アルボンがサインツの1秒以内に入り
48周目アルボンがt3で横並びからt5でサインツを抜き5位に
49周目、タイヤが垂れたか、ルクレールが遅れ始め
フェルスタッペンもペースダウンする中
52周目 ハミルトンがファステスト 1分35秒761
ガスリーがライコネンのDRS圏内で走り続けるも
ぬくまでに至らず最終ラップ

ハミルトンが優勝 ボッタスが2位
ルクレール、3位表彰台を格闘し
フェルスタッペン アルボンが4位、5位
サインツ ペレス マグヌッセン ノリス
マグヌッセンが最後にヒュルケンベルグを抜き
9位 ヒュルケンベルグが10位入賞
11位にストロール
クビアト ライコネン ガスリージョビナッティ
が完走
中盤、ガスリーが頭抑えた挙げ句
無駄にクビアトと争っていなければ…。

ドライバーオブザ・デイはヴェッテル

次戦は第17戦 日本GP
早いなー、もう10月

鈴鹿サーキットで
10月11日金曜日
午前10時からのフリー走行1で開幕


これから晩ごはんだわ

スポンサーサイト




[タグ未指定]
[ 2019/09/29 20:05 ] F1 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

sealyoh

Author:sealyoh
いらっしゃいませ

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
FC2掲示板