FC2ブログ

我流館

すきなことをすきなようにかくぶろぐ
月別アーカイブ  [ 2019年09月 ] 

2019 F1 第14戦 イタリアGP 決勝

曲芸飛行がカッコいいオープニングで
スタート
ノリスはドクターキャップを着用

22時が過ぎた所で雨が強くなってきたこちらと違い
朝方は雨の降っていたモンツァも今は
雨が上がって薄曇り、青空も見えるサーキットは
気温 20.4℃ 路面温度 32.5℃ 湿度 54%

クビアト
ガスリー グロージャン ペレス ラッセル
クビサ フェルスタッペン ライコネンが
ミディアムで
フォーメーションラップに入り
フェルスタッペンが最後にグリッドに着いて
レーススタート
ルクレールにハミルトンが並んでt1に向かい
ルクレールが前
2位のハミルトンにボッタスが並びかけるも
抑えて、ハミルトンが前、後方では
t1で曲がれず数台が真っ直ぐに進み
ヴェッテルがヒュルケンベルグに抜かれ5位
ルクレール ハミルトン ボッタス ヒュルケンベルグ
ヴェッテル リカルドで2周め
ヴェッテルがヒュルケンベルグを抜き4位浮上
ブレーキングでウィリアムズのマシンにぶつかりそうになった
フェルスタッペンがグラベルに逃げウィングを壊し
ピットイン、ウィングを交換しソフトに変え最後尾でレースに復帰
アルボンがサインツに押し出され11位に下がり
5周目
最後尾のフェルスタッペンがファステストを出し
18秒前方の
ライコネンを追いかける
リカルドがホームストレートでヒュルケンベルグの前に出て5番手
6周目
ヴェッテルがt9でスピンフロントウィングを破損し
順位を落としながらピットに戻り
ウィングとタイヤをハードに変え最後尾でコースに復帰
ヴェッテルがコースに戻るときに接触したストロールもスピン
ストロールがコースに戻るときに
ガスリーをコース外に押し出し
8周目
グロージャンがスピンタイヤをかえ最後尾でコースに戻り
9周目
ルクレール ハミルトン ボッタス リカルド ヒュルケンベルグ
サインツ ジョビナッティ アルボン クビアト マグヌッセン
ストロール ノリス ガスリー ライコネン クビアト ラッセル
フェルスタッペン ヴェッテル グロージャン
と並びを変え
マグヌッセンにペレスが迫り10位争いで
10周目
15位のラッセルにクビサ フェルスタッペンが迫る
ルクレール ハミルトン ボッタスが1.2秒差
で並び3台が等間隔で12周め
フェルスタッペン16位
ヴェッテルに10秒のペナルティ
13周目にペナルティを消化し
グロージャンジャンカラ20秒遅れの最後尾でコースに復帰
14周目
フェルスタッペンがライコネンのDRS圏内に入り
15周目のストレートで前に出て15位
ストロールにドライブスルーペナルティ
16周目に消化し17位でコースに復帰
メルセデスにタイヤが用意され、ブラフを打つ
マグヌッセンとペレスの10位闘いは継続中で
18周目に入りメインストレートで
ガスリーを抜き13位浮上
アルボンに5秒のペナルティ
ソフトタイヤの交換時期に入り
20周目ハミルトンがピットイン
5位でコースに復帰
ライコネンがスタートタイヤの間違いで10秒ペナルティ
消化して18位でコースに戻り
21周目 ルクレールがハードにタイヤを変え
4位でコースに復帰すぐ後ろにハミルトンという
処で戻り、ハミルトンを抑え22周めに入る。
ヒュルケンベルグに追いついたルクレールが
パラボリカで前に出て3位で23シュ上m
ハミルトンがメインストレートで
ヒュルケンベルグを抜き
ルクレールとサイドバイサイドでt1 t2とクリア
t4でルクレールに並び、押し出せれるも
4位をキープ
ルクレールに黒白旗
フェルスタッペンが10位 ガスリー11位を走行
25周目
ルクレール ハミルトンがリカルドを射程圏内に捉え
26周目のメインストレートでルクレールが前に出て2位
t3でハミルトンが前に出て3位浮上
27周目 アルボンがピットイン
ペナルティを消化しミディアムに変え12位でコースに復帰
28周目ボッタスがミディアムに変え、4位でコースに復帰
サインツ、フェルスタッペンがピットに入り
サインツは10位でコースに
出た所でマシンを止め イエローに
フェルスタッペンは13位でコースに復帰
29周目、ヴァーチャルセーフティカーが宣言され
サインツのマシンがコース外に出せれた所で
解除に
ペレスと ガスリーがピットに入り
30周目
ヒュルケンベルグがピットイン
5位でコースに戻り
クビアトがt2の先でマシンをとめ
クビアトのマシンは白煙を上げ続け、こーすは
ヴァーチャルセーフティカーに
リカルド、グロージャンがタイヤ交換
クビアトは直前にタイヤ交換を行い
再始動した所ですでに白煙が
32周め ヴァーチャルセーフティカーが解除
9位のマグヌッセン、ノリス ガスリー フェルスタッペンが
接近し
23周目 t1でフェルスタッペンがガスリーを抜き11位に
15位のヴェッテルの後ろに
ルクレール  ハミルトンが接近
2台を先に行かせ、34周目
ラッセルを抜き14位浮上
マグヌッセンがt1を止まりきれず
ノリスとフェルスタッペンに抜かれ11位に後退
35周目にのりすを抜いてフェルスタッペンが9尾浮上
マグヌッセンはピットイン
36周目
ルクレールがロックアップ、r2、シケインをショートカットして
ハミルトンの前でコースに戻り
先頭争いが続く後方38周目
ボッタスとハミルトンのタイムが3秒を切り
ファステストを更新して39周目に入る
40周目
フェルスタッペンがジョビナッティをDRS圏内に入れ41周目
ジョビナッティを抜きフェルスタッペンが8位浮上
ルクレール ハミルトン ボッタスが
1.2秒と等間隔になり42周め
ハミルトンがt1で止まりきれず直進
ボッタスが2番手にあがリルクレールとは1.8秒差
そこから1.4秒後方にハミルトンとなり
43周目
ヴェッテルが3度目のピットインで15位
ハミルトンが徐々に離され
ルクレールとボッタスの争いに変わり44周目
フェルスタッペンがペレスを射程に捉え
マグヌッセンがマシンをピットに入れリタイア
47周目
ルクレールがペースを上げボッタスとの差は1.6秒に
ボッタスは48周目にファステストを出し
差を詰め
49周目11位のガスリーを周回遅れにし
50周目
ハミルトンがソフトにタイヤを更新し3位のまま
コースに戻しファステストを狙う模様
51周目ボッタスがDRS圏内に入る、もt1で
ブレーキミス圏外に
52周め ハミルトンがファステストを更新
ボッタスが1秒を切りラストラップ

ルクレールが優勝 ボッタスが1秒届かず2位
ハミルトンが3位表彰台
リカルド ヒュルケンベルグ アルボン
ペレス フェルスタッペン ジョビナッティ ノリス
までが入賞
ガスリー11位
ストロール ヴェッテル ラッセル ライコネン
グロージャン クビサが完走

第15戦 シンガポールGPは
9月20日 日本時間17時30分からの
金曜フリー走行1で開幕

スポンサーサイト




[タグ未指定]
[ 2019/09/08 21:54 ] F1 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

sealyoh

Author:sealyoh
いらっしゃいませ

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
FC2掲示板